低用量ピルとは、経口避妊薬とも呼ばれるもので、毎日一回服用することにより排卵を抑制して子宮内膜の増殖も抑えます。さらにコンドームよりも高い避妊効果がある事をご存知でしたか?詳しく解説していきたいと思います。

低用量ピルって本当に効くのか疑問に思っている女性

海外での経過を受け日本でも低用量ピルが解禁となった

女性が、自らの意思で、男性に頼らずとも、確実に避妊ができるピル、女性の心と身体を守るとても素晴らしい医薬品で、海外では非常にポピュラーな避妊方法です。より副作用の危険性を抑えた低用量ピルが開発され、多くの国の女性たちが愛用してきましたが、そういった経過を踏み、遅ればせながら数年前に、我が国においてもようやく解禁となっています。低用量ピルには、望まない妊娠を回避させるという効能の他に、女性とは切り離して考えることのできない、毎月の生理における様々な不具合を改善させる効能も認められているので、是非積極的に利用しましょう。個人差はあれど、生理期間及び生理前になると、心身ともに体調が悪くなってしまう方はとても多く、中には、日常生活に支障をきたしてしまっているという方もいらっしゃいます。ひどい生理痛に悩まされていたり、大量の出血で貧血になってしまったり、仕事が手につかなくなるほど、生理用品の交換をまめに行わなければならなかったり、また生理不順のため、いつ生理が始まってしまうか予測できないといった悩みなど、生理トラブルがある女性は、それだけ日常生活の質は落ちてしまっています。しかし、低用量ピルを服用するようになると、ホルモンバランスが整うようになるので、生理周期はカレンダーのように安定するようになり、自分の生理予定日を管理できるようになります。そして経血量がぐっと減るので、生理が格段に楽になり、普段と同じように過ごすことが出来ます。精神的に落ち込んだり、イライラしたりといった感情の起伏も穏やかになり、心身ともに健康的に過ごせるようになるでしょう。ホルモンバランスが整うことで肌も綺麗になるなど、メリットがたくさんあります。