低用量ピルとは、経口避妊薬とも呼ばれるもので、毎日一回服用することにより排卵を抑制して子宮内膜の増殖も抑えます。さらにコンドームよりも高い避妊効果がある事をご存知でしたか?詳しく解説していきたいと思います。

低用量ピルって本当に効くのか疑問に思っている女性

女性のカラダと低用量ピルについて

女性のカラダというのは非常にデリケートなものですが、そうしたことを象徴するようなものが女性ホルモンといえます。女性の体内から適宜分泌される黄体ホルモンや卵胞ホルモンといったホルモンは、排卵をして受精の機会にそなえたり、赤ちゃんのためのベッドとなる子宮内膜を厚く成長させるなどといった、さまざまな妊娠に向けたはたらきをするものです。子宮内膜などは一定の期間妊娠がないと、新しいベッドをつくるために古いものが剥がれ落ちて、これが生理とよばれる現象として定期的に起こるわけです。しかし、このようなホルモンのバランスが、ストレスなどの理由によってみだれてしまった場合には、吐き気、嘔吐、頭痛、腹痛、気分の浮きしずみがはげしいなどといった症状となってあらわれる場合があります。特に、生理のときにこうした症状がひどすぎて仕事や勉強にも差し支えるという場合、これを月経困難症と呼び、同様の症状が生理前だけに起こり、生理が到来後はウソのように消滅してしまうといったものを、月経前症候群と呼んでいます。いずれにしても、こうした症状を放置してしまうと、社会生活にも大きな影響が及んでしまいますので、婦人科などで治療にあたることが必要となってきます。そのために用いられることがあるのが低用量ピルであり、本来の効能としては避妊そのものなのですが、女性ホルモンを適度に含んでいるため、毎日飲むことでホルモンバランスをととのえるといった効果や生理不順改善の効果も期待されるのです。低用量ピルは、避妊の場合も、月経困難症などの改善の場合も、基本的には毎日飲むというスタイルになりますが、用途が異なるため、一度に飲む分量も異なりますので、医師の指示を受けて服用すべきです。

低用量ピル・中用量ピル・高用量ピルの使い分け

女性が避妊をするために服用する経口避妊薬は、一般にはピルとよばれていますが、これには低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルといった、いくつかの種類があるものです。こうした種類がなにをあらわしているかといえば、なかに含まれている卵胞ホルモンにあたる物質の分量がどの程度であるかということになります。中用量ピルは、錠剤に50マイクログラムが含まれているものであり、これを基準として、50マイクログラムよりも多ければ高用量ピル、少なければ低用量ピルということになります。高用量ピル、中用量ピルについては、かつては主流となっていたものの、現在ではまず国内ではまともに製造している製薬事業者もなく、もっぱら低用量ピルのほうが中心になってきているといえます。それでも中用量ピルが使われるシーンはいまでもないわけではなく、生理のときの腹痛や吐き気などが尋常ではなく、仕事や勉学に手がつかないといった月経困難症、同じく生理前だけに気分の変調や腹痛などの症状があらわれるものの、生理が来てしまえば消失してしまうという月経前症候群などといった、ホルモンバランスが関係している症状の患者に対して処方されることがあります。高用量ピルや中用量ピルは、ホルモン量が多いぶんだけ、月経困難症のような症状の改善を目的とするのであれば好都合ですが、そのいっぽうで、副作用として吐き気、腹痛、頭痛、下痢、不正出血などといった症状をともないやすく、特に強烈な吐き気などはこの種のピルの副作用の代名詞となっています。単に避妊が目的であったり、月経困難症などでも症状が軽い場合には、低用量ピルが使われることが多く、この場合には副作用についてもそれほど強いものではありません。

低用量ピルと気をつけるべき生活習慣

低用量ピルというのは、毎日1錠を飲みつづけることによって、ほぼ確実な避妊ができることから、若い女性の間で利用されています。しかし、この低用量ピルを利用するにあたっては、副作用の懸念などもあることから、慎重になったほうがよい場合もあるのです。特に、若い女性の生活習慣にかかわることでいえば、タバコを常に吸っているような人については、低用量ピルの利用を控えたほうがよい可能性があるのです。低用量ピルの服用による副作用のひとつとして、以前から知られているものに、血栓症のおそれを増大するということがあります。この血栓症というのは、血液がかたまってしまって、そのかたまりが毛細血管などの内部をふさいでしまうというものです。特に、脳や心臓の血管でこうしたことが起きてしまうと、かなりの重症になる場合もあり得ますので、注意が必要な副作用であるといえます。いっぽう、タバコを吸っている場合には、タバコの成分が血管を収縮させてしまう効果がありますので、血管がせまくなってしまうということが起こりやすいものです。ここに低用量ピルの副作用としての血栓症が重なってしまった場合には、当然ながら、状況はふつうの人よりも悪化してしまうと考えるべきです。こうしたことから、通常、婦人科などで低用量ピルを処方される場合には、タバコを1日あたりいくつ吸っているのかなどといった、生活習慣にかかわる質問を聞かれることがあります。その質問で答えられた量によっては、低用量ピルの処方を認めず、まずは生活習慣の改善をうながされることがあります。このタバコに関する設問としては、現在吸っている本数もさることながら、過去についても問われることがあります。